広島 『J1 第34節 vs 清水エスパルス』 by viola

b0067891_32294.gifb0067891_1938021.gif
『J1 第34節 vs 清水エスパルス』

2006年12月2日(土) 日本平スタジアム:1万3,581人
○ 清水エスパルス 3-0 サンフレッチェ広島 ●

得点:チョ・ジェジン(清水/17分)、枝村匠馬(清水/70分)、
   チョ・ジェジン(清水/73分)




アウェイで清水(J1)と対戦しました。

・ホーム&アウェイ成績(第34節終了時点)
        リーグ戦    カップ戦      合計
ホーム   : 7勝2分8敗 + 0勝1分2敗 = 7勝3分10敗
アウェイ※ : 6勝4分7敗 + 2勝1分1敗 = 8勝5分08敗
※天皇杯のセレッソ戦は、広島開催ではないので、当ブログではアウェイ扱い。




負けた・・・。
また、日本平で勝てなかった・・・。

violaは、試合をハイライトでしか観てないのですが、前半の立ち上がりは良かったけど、戸田の退場後は、完全に清水ペースだったらしいです。
まあ、今節は、離脱者続出の緊急事態で、GK以外の全登録選手がベンチ入りする様な酷い状況だったし、苦手の日本平だし、戸田の退場もあったから、この完敗も仕方ないのかもしれません。


最終戦を白星で飾れず、年間順位も二桁の10位に落ちてしまったのは残念ですが、今季のリーグ前半戦は、J2降格を覚悟するくらいの酷い成績だったので、最終的にJ1残留できて、本当に良かったです。
サポ的には、来季は7位以内に返り咲いて欲しいけど、クラブ関係者は、終盤の好成績に気を揺るめず、まずJ1残留を最優先に考えて欲しいです。
下手に優勝争いだとか浮ついた事を言って、またJ1残留危機を迎えるのは、本当に御免です。
あと、フロントに対するチーム成績以外の課題としては、来季こそ2004シーズン以来の単年度黒字を達成して欲しいです。


さて、リーグ戦は終了しましたが、明日は天皇杯のガンバ戦があります。
広島は、引き続き離脱者続出の緊急事態ですが、なんとか勝って欲しい。
天皇杯は、リーグ戦&ナビスコ杯に比べたら、かなり取り易いタイトルなので、久々のタイトルを狙って欲しい。




今節の結果によって、J1は、セレッソ&京都のJ2降格が確定し、福岡の入れ替え戦が確定しました。
更に、J2は、横浜FC&柏のJ1昇格が確定し、神戸の入れ替え戦が確定しました。

例年の残留ラインの目安は、勝ち点34(=年間試合数)あたりなので、今季の勝ち点28という残留ラインは、かなり低かったという事になります。
セレッソについては、リーグ後半戦(名波加入後)の成績は良かったので、前半戦の絶不調があまりに痛かったですね。

・J1残留争い(第34節終了時点)
J1残留○確定 : 浦和、川崎、G大阪、清水、清水、鹿島、名古屋、
       : 大分、横浜M、広島、千葉、大宮、F東京、新潟、甲府、
入替戦▽確定 : 福岡(勝ち点27)
J2降格▼確定 : C大阪(勝ち点27)、京都(勝ち点22)


注目の入れ替え戦は、神戸(J2)vs福岡(J1)という対戦カードになりました。
そして、第1戦は、神戸0-0福岡という結果になりました。
その結果、第2戦における福岡&神戸のJ1参入条件は、以下の様になりました。

・福岡のJ1残留条件
 勝利でJ1残留確定

・神戸のJ1昇格条件
 勝利でJ1昇格確定
 1-1以上の引き分けでJ1昇格確定

第2戦が福岡0-0神戸で終わった場合は、そのまま延長戦(+PK戦)に突入するみたいです。
状況的には、第1戦でアウェイ・ゴールを許さなかった神戸が有利とも言えるし、第2戦をホームで戦える福岡が有利とも言える微妙な状況ですね。

多分、福岡サポも、神戸サポも、今週は、眠れない1週間になってるんでしょうね。
他サポとしては、入れ替え戦の当事者にならなくて本当に良かったというのが本音ですね。




ブログ検索は、「人気blogランキング」「サッカーブログ」「ブログ村」「ブログの殿堂」がお勧め!

ここまで読んで頂けた方、ランキング投票にもご協力お願い致します。
各リンクをクリックするだけで、ランキング投票できます!!





さて、毎年、この時期になると、各クラブの選手&監督の来季去就も気になりますね。
今季のJ1戦力外リストJ2戦力外リストは、こんな感じになりました。

今年の戦力外の目玉は、奥(横浜M)&森岡(清水)あたりでしょうか。
奥については、磐田から横浜Mに移籍した時、名古屋も熱心だったと記憶してるので、名古屋は獲得に動くでしょうね。
まあ、奥は年俸が高いので、名古屋を含めた一部のお金持ちクラブしか獲得できないでしょう。
もしかしたら、来季はACLがある浦和あたりも獲得に動くかもしれませんね。


広島の戦力外は、大木(FW)&小村(DF)&八田(DF)の3人でした。
大木さんは、良くも悪くも広島の裏アイドル的な存在だったので、戦力外となると寂しいですね。
小村さんは、横浜FCに期限付き移籍した時点で、片道切符だと思ってました。
八田も、ベンチ入りは多かったけど、ミシャの求めるDF像と違うタイプの選手だったので、戦力外も仕方ないでしょうね。

3人共、現役続行を希望してるらしいので、移籍先が見付かって欲しいな。
おそらく、大木さんは故郷の愛媛(J2)へ完全移籍、小村さんは横浜FC(来季J1)へ完全移籍、八田は鳥栖(J2)へ完全移籍って感じになるのかな。


広島の補強ポイントとしては、ポストプレーが出来るFW、得点力のあるトップ下、ラインコントロール&パス能力があるCBといった感じでしょうか。
今回の戦力外リストの中では、森岡が良さそうだけど、お金がない広島としては、あまり現実的な補強じゃないですね。
という訳で、現実的な補強としては、服部のバックアップとしての鈴木(新潟)あたりかな。w

とりあえず、広島の場合、監督はミシャの続投が既に決まっているので、これは来季へ向けての大きなアドバンテージですね。
監督が決まっていれば、補強の上でも有利なはずだし。




ブログ検索は、「blog ranking」「FC2ブログ」「J RANK」 「エンタメ@Blog」 もお勧め!

最後まで読んで頂けた方、ランキング投票にもご協力お願い致します。
皆様のランキング投票が、ブログ更新の大きなモチベーションになってます!!



[PR]
by viola_rosso | 2006-12-09 03:34 | 2006 サンフレ 広島 | Trackback
トラックバックURL : http://violarosso.exblog.jp/tb/6164648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< toto 『miniは今季ラス... 定点 『瓦:トーチュウトップ「... >>